アートメイクのメリット

顔アートメイクは、アイラインや眉、リップラインに傷を作り、色素を流し込むことでメイクをしているように見せる施術です。タトゥーと似ていますが、皮膚の深い部分である真皮にまで色素を入れるタトゥーと違い、アートメイクはごく浅い部分のみに色を付けることになります。

そのため、アートメイクは数年たてば薄くなることがあります。完全に消えるわけではありませんが、はっきりとしたラインが永遠に続くことはありません。アートメイクは、もちろん水や化粧落としでは落とせません。多くの人が眉やアイラインへの施術を希望しますが、これは、アイラインと眉が顔の中でもとりわけ印象が強いパーツだからです。

時間がない朝でも、この二つだけを整えておけばそれなりに見えることは、女性なら誰でも経験していることでしょう。アートメイクでそれをしておけば、素顔のままでもメイクをしているような印象を他人に与えることができます

そのため、朝のメイクの時間が格段に短くなりますし、プールや海でもメイクが落ちる心配をする必要はなくなります。友達や彼との旅行で、すっぴんになることがあっても、まったく問題はいりません。

アートメイクで使用される色素は、アメリカの政府機関、食品医薬品局で認可されたものなので、人体に害となることはありません。


関連記事

  1. アートメイクとは
  2. アートメイクのデメリット
  3. アートメイクは必ず医療機関で