アートメイクは必ず医療機関で

目元アートメイクは肌に傷をつける施術です。そのため皮膚のトラブルもいくつか報告されていますが、こうした例のほとんどは、医療機関以外での施術を受けたためと考えられます。

これまでにあった皮膚トラブルとしては、施術した部分から雑菌が入り、皮膚が化膿した、アイラインの施術に失敗し、角膜を傷つけたなどがあります。また、施術後数日しても痛みが治まらず、施術部分が腫れてきたといったこともありました。

また、施術中の痛みに関しては、医療機関であれば麻酔の処置を取ってもらうことができます。クリームや局部麻酔など、クリニックによっても違いますが安全かつ痛みのないアートメイクの施術を希望する場合には、医療機関を選ぶことが絶対に大切です。アートメイクを行う店には、きちんとした医療資格を持っていない場合もあります。
技術が未熟な店舗もあり、そうした店で施術を受けた人の中には、依頼したデザインと違う仕上がりになった、左右で形が違っているなどのトラブルにあった例もありました。

アートメイクの色素はアメリカの政府組織で認可されているものですが、こうしたきちんとした材料を使っているのも、やはり医療機関です。施術を考えるときは、必ず医療機関を選ぶよう注意しましょう


関連記事

  1. アートメイクとは
  2. アートメイクのメリット
  3. アートメイクのデメリット

アートメイクのデメリット

すっぴんでもきれいに見えるアートメイクは便利な施術です。しかしデメリットがないかといえば、そうではありません。まず、アートメイクは肌を彫って色素を入れる行為ですから、施術中の痛みは避けることができません。麻酔なども使うことができまうが、人によってはかなりの痛みを感じることもあるようです。

医師や看護師また、妊娠中の女性は麻酔の使用が許されていません。そのためアートメイクの施術も、麻酔なしで行うことになります。きちんとした医療機関で受ける施術に危険はありませんが、しかし肌を傷つけることに違いはありません。施術を受けた当日はもちろん、数日間はメイクが禁止になることがあるので、しばらくの間素顔で過ごせるかどうかを考えて、施術日を選ぶようにしたいものです。

アートメイクは自然には消えないメイクです。時間が経って色素が薄れても、完全に消えてなくなることはありません。消すためにはレーザーでの施術が必要になるので、デザインをするときは慎重に行いましょう。メイクには流行があります。また、自分の環境によっても、メイクを変えたくなることがあるでしょう。そうしたことも考慮に入れて、医師や看護師とよく相談することが大切です


関連記事

  1. アートメイクとは
  2. アートメイクのメリット
  3. アートメイクは必ず医療機関で

アートメイクのメリット

顔アートメイクは、アイラインや眉、リップラインに傷を作り、色素を流し込むことでメイクをしているように見せる施術です。タトゥーと似ていますが、皮膚の深い部分である真皮にまで色素を入れるタトゥーと違い、アートメイクはごく浅い部分のみに色を付けることになります。

そのため、アートメイクは数年たてば薄くなることがあります。完全に消えるわけではありませんが、はっきりとしたラインが永遠に続くことはありません。アートメイクは、もちろん水や化粧落としでは落とせません。多くの人が眉やアイラインへの施術を希望しますが、これは、アイラインと眉が顔の中でもとりわけ印象が強いパーツだからです。

時間がない朝でも、この二つだけを整えておけばそれなりに見えることは、女性なら誰でも経験していることでしょう。アートメイクでそれをしておけば、素顔のままでもメイクをしているような印象を他人に与えることができます

そのため、朝のメイクの時間が格段に短くなりますし、プールや海でもメイクが落ちる心配をする必要はなくなります。友達や彼との旅行で、すっぴんになることがあっても、まったく問題はいりません。

アートメイクで使用される色素は、アメリカの政府機関、食品医薬品局で認可されたものなので、人体に害となることはありません。


関連記事

  1. アートメイクとは
  2. アートメイクのデメリット
  3. アートメイクは必ず医療機関で

 


アートメイクとは

温泉素顔のままで、メイクをしたような顔立ちだったら。女性なら誰もが一度は願うことではないでしょうか。急な来客でも心配なし、友達や彼と温泉に行っても大丈夫。プールや海でメイクを気にすることも一切なくて、朝のメイクの時間が短くなったので、その分ゆっくり眠ることができます。

そうした女性の夢をかなえてくれるのが、アートメイクという施術です。肌を彫って色素を流し込み、すっぴんでもメイクをしているような顔を作ります。タトゥーと似ていますが、肌の浅い部分にのみ色素を入れるので、アートメイクがいつまでもはっきり残ることはありません。多くの女性が選ぶのは、眉やアイラインといった、ぱっと人目を引くパーツです。この部分のメイクがはぶければ、楽になることは確かです。

しかし、このようにメリットの多いアートメイクにも、いくつかのデメリットもあります。肌に傷をつける処置なので、場合によっては深刻な肌トラブルに発展しかねないからです。アートメイクの施術をうたう店の中には、医療機関ではない店舗もいくつかあります。そうした店で施術を受けて、トラブルになる例は決して少なくありません。

しかし、肌の安全や施術中の安心感、その後の対策を考えると、やはり医療機関での施術を選ぶほうがよいでしょう。このサイトでは、アートメイクのメリットとデメリット、医療機関とそうでない店舗の違いを分かりやすくご説明しています。アートメイクの施術を決める前に、ぜひご覧になってください。


関連記事

  1. アートメイクのメリット
  2. アートメイクのデメリット
  3. アートメイクは必ず医療機関で