アートメイクとは

温泉素顔のままで、メイクをしたような顔立ちだったら。女性なら誰もが一度は願うことではないでしょうか。急な来客でも心配なし、友達や彼と温泉に行っても大丈夫。プールや海でメイクを気にすることも一切なくて、朝のメイクの時間が短くなったので、その分ゆっくり眠ることができます。

そうした女性の夢をかなえてくれるのが、アートメイクという施術です。肌を彫って色素を流し込み、すっぴんでもメイクをしているような顔を作ります。タトゥーと似ていますが、肌の浅い部分にのみ色素を入れるので、アートメイクがいつまでもはっきり残ることはありません。多くの女性が選ぶのは、眉やアイラインといった、ぱっと人目を引くパーツです。この部分のメイクがはぶければ、楽になることは確かです。

しかし、このようにメリットの多いアートメイクにも、いくつかのデメリットもあります。肌に傷をつける処置なので、場合によっては深刻な肌トラブルに発展しかねないからです。アートメイクの施術をうたう店の中には、医療機関ではない店舗もいくつかあります。そうした店で施術を受けて、トラブルになる例は決して少なくありません。

しかし、肌の安全や施術中の安心感、その後の対策を考えると、やはり医療機関での施術を選ぶほうがよいでしょう。このサイトでは、アートメイクのメリットとデメリット、医療機関とそうでない店舗の違いを分かりやすくご説明しています。アートメイクの施術を決める前に、ぜひご覧になってください。


関連記事

  1. アートメイクのメリット
  2. アートメイクのデメリット
  3. アートメイクは必ず医療機関で